1本から2本の欠損した歯に対して、イ

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。
定期検診を受ける費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円程度かかることが多いです。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるのでなくしたらおしまいのものとして保管しておくことをすすめます。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることが必要条件です。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう歯みがきも気をつけてください。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
急患でも診療を受けることが必要です。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材でできているからです。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ