インプラント治療を希望する代表例として、他の

インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいと、患者が考えている場合です。
例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯を直接再生する治療と言えます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。
一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配も気にする必要はありません。
前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の技量は厳しく問われるので大きく違ってくると言うべきです。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースのインプラント治療も当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。院内感染防止の対策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療に取りかかるため患者も納得し、安心して治療を開始できます。
それから、治療後には、メンテナンスを継続することによって長い間、問題なく使うことが可能になります。
インプラント治療を始める前に治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。
この治療の費用は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、金額は歯科医院次第です。
大まかな相場はありますので、心配しないでください。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどがおおよその相場と考えてください。皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを肝に銘じておくべきです。
インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いと思ったら大間違いです。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ