代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関

代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいという患者の希望がある場合です。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので該当する歯の分だけ治療することになります。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。
インプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいということにはなりません。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、まずは口腔内をきれいに保ってください。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全て歯科医の腕に任されているので大きく違ってくると言うべきです。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、歯科医選びに全力を尽くすことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。
前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場だと押さえておきましょう。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ