不断のケアが求められます

どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、不断のケアが求められます。
毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
ご存じの通り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
しかし、医療費控除の対象ではあります。手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるのでなくしたらおしまいのものとして他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。
術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。
手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。大至急歯科医にかかってください。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。
普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
定期検診を受ける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいと考えてください。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
インプラント 値段

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ